作成した記事に「内部リンク」を

皆さんは内部リンクについてどのようにお考えでしょうか?

「ブログで集客したいけど、どのような記事を書けばSEOへの効果が見込めるかが分からない…」
「そもそも内部リンクって何?」

このようにお考えの方は多いと思います。検索上位に表示させるためにキーワード選定を意識しても、なかなか上位に表示されません。なぜなら、キーワード選定だけではSEOへの効果がそれほど見込めないからです。

ブログ記事で集客したいと考えている方なら、他にもSEOへの効果が見込める方法があるなら実践したいですよね。

そこで今回は、ブログ記事で集客したい方に向けて、SEOへの効果が見込める方法の1つである内部リンクについて紹介します。

 

内部リンクについて

内部リンクとは?

内部リンクとは、同じドメインの中でページとページを結ぶことだと言われています。
分かりやすく言えば、自分のブログの記事に、別で作成した記事のリンクを貼ることです。

 

内部リンクと外部リンクの違い

内部リンクに似た言葉で外部リンクというものもあります。外部リンクとは、異なるドメインから自分のブログに向けたリンクのことです。

2つには、自分の記事から自分の記事に向けたリンクと、他の記事やまとめサイトから自分の記事に向けたリンクという違いがあります。そしてSEOの観点から見た大きな違いは、自分で対策できるかどうかです。

外部リンクは、他人が運用しているページから自分のブログのリンクを貼ってもらわなければなりません。

しかし、内部リンクでは自分のブログ記事のリンクを貼るので、自分のさじ加減で設置できます。

そのため、内部リンクだと自分の力でSEOへの効果を高められるのです。

 

なぜ内部リンクが重要なのか

上記でも述べたように、内部リンクは自分の力でSEOへの効果が見込めます。
しかし、「内部リンクを貼ることで、なぜSEOへの効果が見込めるのか分からない」とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

内部リンクを貼ることでSEOへの効果が見込める理由は、クローラーの巡回のしやすさが高まるからです。クローラーとは、Googleのようなロボット型検索エンジンが、ウェブ上にあるファイルを収集するために巡回するプログラムのことです。

クローラーによって、ブログサイトの情報がデータベースに登録されます。しかし、現在ではウェブページはあまりにも多いので、クローラーは全てのウェブページを巡回できるわけではありません。

クローラーが記事を認識しなければ、多くの記事を書いてもネット上では表示されないので、存在しないのと同じなのです。そのため、SEOの効果を高めるにはクローラーが巡回しやすいようなウェブページにする工夫をしなければなりません。

そこで内部リンクが役立ちます。

内部リンクを貼ることによって、クローラーを効率よく巡回させられるのです。新しく作成した記事をデータベースに登録させるには、同じドメインの中にある別のページに内部リンクを貼ることで、クローラーが巡回しやすくなります。

そして、内部リンクを貼ることでSEOへの効果が見込める理由がもう1つあります。それは、記事の閲覧者もクローラーと同じように記事を巡回できるからです。

閲覧者が1つの記事からブログにたどり着いた場合、その記事を読み終えた後はブログから離れてしまうことが多いのです。そこで、その記事から自分が作成した別の記事を見てもらうために内部リンクを貼りましょう。

そうすることで、閲覧者は別のページも見てくれる確率が高くなります。


内部リンクを貼る際の注意点

しかし、ただ単に自分が書いた記事のリンクを貼ればよいというものではありません。自分の書いた記事と、何の関係もない記事のリンクを貼ってしまうと、逆にGoogleからの評価は下がってしまうため、上位に表示されなくなるのです。

例えば、ダイエットに関する記事を作成しているのに、おいしいうどんを紹介した記事のリンクを貼ることをすると、Googleからの評価が下がってしまいます。

そのため、内部リンクとしての効果を発揮させるには、必ず作成している記事と関連したリンクを貼ってください。

あくまで関連性の高いリンクを設置することが大切なので、むやみにリンクを貼らないようにしましょう。

また、内部リンクを貼る際には、アンカーテキストを使うようにしましょう。アンカーテキストとは、他のウェブページのリンクに表示する文章のことです。アンカーテキストを最適化することで、リンクのクリック率が高くなるでしょう。

例えば、別のページのリンクが貼っているところのテキストを「詳しくはこちら!」にします。
しかし、このテキストだとリンクの先にある記事が何なのかが分かりません。何があるか分からないリンクをクリックするには抵抗を感じるため、別の記事を見ることが少なくなるのです。

そこで最適化したアンカーテキストを使います。例えば、ダイエットについて書かれている記事のリンクを貼る場合は、「1日10分でやせる方法とは?はこちら」というようにすれば、クリック率は高くなるでしょう。

アンカーテキストは、記事のタイトルと同じように見たくなるようにする工夫が必要です。そのため、アンカーテキストにはリンクの先に何があるかを明示しつつ、見たくなるような表現をしましょう。

また、アンカーテキストを使う際には、URLが間違っていないかを確認してください。正しいURLを設置しないと、これまでの対策が無駄になってしまいます。

URLの設置ミスはよくあることなので気をつけましょう。

 

まとめ

以上、内部リンクについて紹介しました。

内部リンクの重要性がお分かりいただけたでしょうか。今回の記事を参考に、検索エンジンの上位に表示されるように内部リンクを設置してみてください。

しかし、ブログとは検索で上位に表示させることが全てではありません。大切なのは、ブログを見てくれた閲覧者に有益な情報を提供できることなのです。

そのブログを見てもらったことで、その閲覧者がブログのリピーターになり、ブログの存在が拡散することを意識してブログを作成しましょう。
今回の記事が、ブログ記事で集客したいと考えている方の役に立てば幸いです。