記事は1000文字以上で作成

「ブログのアクセス数を伸ばしたいな」
「ブログの記事は、長ければ長いほどいいの?」

こういった考えをお持ちの方は、いらっしゃいませんか?

近年では、ホームページやブログからの集客を目指し、コンテンツに力を入れている企業も増えてきました。しかし、「いざブログを始めてみたはいいけれど、あまりアクセス数が伸びない・・・」と、悩まれている方も少なくありません。

そういった方に多いのが、極端に文字数が少なかったり、反対にやたらと文字数を増やしたりするケースです。アクセスを伸ばし集客を増やすためには、記事が長ければいいと言うわけではないのです。

実は、アクセス数を伸ばすためには、目安となる文字数があります。そこで今回は、ブログからの集客を目指している方に向けて、ブログで目安とすべき文字数をご紹介します。

 

目的を忘れていませんか?

はじめに、ブログはタイトルを楽しみにして読みに来た人が、満足することが重要です。

そのため、文字数が多ければいいというわけではないのです。文字数をやけに意識し、やたらと多く書いてしまう人は、手段と目的が入れ替わってしまっているケースが少なくありません。

あくまで目的は、記事の内容に満足することです。伝えたい内容をきちんと、わかりやすく書くことが重要になるため、文字数が少なくてもコンテンツとして内容が優れていれば十分な場合もあります。反対に、文字数が多くても何が伝えたいのかがあまり伝わらなかったり、まとまりが悪かったりすれば、意味がないのです。

目的は、読み手が満足し集客につなげることであり、文字数は一つの目安であることを、忘れないようにしましょう。

 

適切な文字数はどれくらい?

人が1分間に読める文字数は、ご存知ですか?読む速度を計算することができる「読書速度計測」によれば、日本人の1分間における平均読書速度は、400~600字とされています。

本を常に読んでいる人の中には、1分間に1000文字以上読む人もいると言われています。また、人の集中力が持続する時間は、平均して3分程度です。

つまり、人が集中して読むことができる文字数は、1200~1800文字と言えます。

コンテンツ内の画像なども含めると、おおよそ1000文字程度が目安となります。このことを踏まえると、1000文字以上が、適切な文字数と言うことができます。

 

SEO対策においての文字数

読む人への満足感の他にも、アクセス数を伸ばすためには、重要視しなければいけないことがあります。それは、Googleの検索エンジンを使って検索された際に、「検索結果に、ブログが上位に表示されること」です。

実は、極端に文字数が少ない記事は、Googleに評価されにくく、上位表示されにくいということがあります。

では、文字数を多くすればいいの?と考えてしまいますが、それは違います。

「SEO対策」が必須なのです。

 

SEO対策とは?

SEOとは「Search Engine Optimization」の略名で、検索エンジンの最適化のことを指します。

Google等の検索エンジンでの検索結果で、上位に表示されやすくするための対策とも言えます。
一般的な対策としては、以下のことが挙げられます。

・Googleの目的である「ユーザーの検索意図に沿って、関連性の高いコンテンツを提供する」ことに合わせて、webサイトを提供する。

・記事の見出しなどに、調べたいキーワードが入るようにする。

・ユーザーにとって有益なサイトを作る。

これらはほんの一例ではありますが、こうした対策を意識することで、Googleの評価が高まり、検索順位が上昇するのです。

結果として、ブログのアクセス数の上昇を期待することができます。

つまり、こうした対策を記事に盛り込むことを考慮すると、1記事あたりの文字数は一般的に「1000文字以上」が必要とされているのです。

 

文字数を意識することの副次効果

記事がGoogleに評価されるためには、Googleの目的である「ユーザーの検索意図に沿って、関連性の高いコンテンツを提供する」ことに合わせることが大切だと、紹介しました。

つまり、この目的さえ満たしていれば、文字数は少なくてもいいのです。しかし、文字数を増やすことで得られる副次効果も、忘れてはいけません。

 

滞在時間を伸ばそう

文字数が多いと、必然的に伸びるものは「滞在時間」です。この滞在時間が伸びることは、「SEO対策において有利に働く」のです。Googleが記事を評価するうえで、一つの指針としているのが「平均ページ滞在時間」です。

記事の質の高さや、どれくらいの人がしっかりと読んでいるのかを測ることで、評価における指標の一つとしているのです。もちろん、これは単なる指標の一つでしかないのですが、この長さが評価につながっていることは確かです。

そのため、文字数が少ないものであっても、Googleの目的をきちんと満たせている記事は存在しますが、評価されやすくするためにも、最低1000文字以上は書くことをおすすめします。

 

文字数を増やすコツ

ここまで目安となる文字数は「1000文字以上」であることを、ご紹介しました。

しかし、慣れていない方にとって文字数を増やすことは、なかなか難しいもの。そういったときは、一度ゆっくり読み返すことで、どんな情報が足りていないのかを考えてみましょう。

また、説明文の他にも、例文の作成や、関連しているご自身の体験談などを入れることも有効です。読み手に満足してもらうには、文字数以外にも工夫が求められます。

ご自身の書いた記事を何度も見直すことで、満足のいくものを仕上げましょう。

 

まとめ

今回は、ブログからの集客を目指している方に向けて、ブログで目安とすべき文字数をご紹介しました。重要なポイントを整理すると、

・Googleに評価されるためには、「ユーザーの検索意図に沿って、関連性の高いコンテンツを提供すること」

・平均ページ滞在時間を延ばすこと

となります。

これらの条件を満たすためには、「1000文字以上」が目安となるのです。今まで1000文字に満たしていなかった方は、まずは増やすことから始めてみましょう。

反対に、やたらと文字数が多くなってしまっている方は、まずご自身が書いている記事は、はたしてGoogleの目的に沿っているのかどうかを、きちんと見直すようにすることをおすすめします。